お知らせ

電話リレーサービスを利用したい聴覚や発話に困難がある人のために自治体が希望者をとりまとめて申し込み、電話リレーサービスの利用料を本人に代わりご負担いただく「地域登録」がはじまりました。
全国に先駆け「地域登録」を活用する鳥取県では、令和5年2月分の利用料から自治体での負担を開始します。

<「地域登録」に関するお問合せ>
本サービスの問合せ窓口へご連絡下さい。https://nftrs.or.jp/contact/

電話リレーサービスにお申し込みいただく際、
①電話リレーサービス利用対象者であることの書類と、②本人確認書類をご提出いただいております。

現在、身体障害者手帳(聴覚障害・音声・言語機能障害)をお持ちの方は、
障害者手帳のみで上記①②の双方を兼ねるとみなし、ご登録いただいております。

同様に、運転免許証に「補聴器」と記載されている場合についても、上記①②を兼ねるとみなし、運転免許証のみでご登録いただけます。

現在、ご利用登録を検討している方、この機会にお申し込みのほどお待ちしております。

▼登録にあたって、下記のいずれかの書類をご準備ください▼
・身体障害者手帳(聴覚障害・音声・言語機能障害)をお持ちの方 → 障害者手帳のみで登録可能
・運転免許証(「補聴器」と記載されているものに限る)をお持ちの方 → 運転免許証のみで登録可能
・上記以外の方 → 電話リレーサービス利用対象者であることの書類と本人確認書類の2点の提出が必要

いつも電話リレーサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

電話リレーサービスを「文字」で利用する際に「絵文字」などの機種依存文字を入力した場合、
通訳オペレータ側に表示されないことがあります。
「文字」利用時には、絵文字の使用を控えていただけますようお願い申し上げます。

一般財団法人日本財団電話リレーサービスは、聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律に定められた「電話リレーサービス提供機関」として、令和5年度における電話リレーサービス提供業務の委託事業者を選定するため、以下のとおりサービスを提供できる事業者を募集します。
皆様からのご応募をお待ちしております。

令和5年度通訳オペレーション業務委託の概要

詳細は以下の募集要項および業務委託仕様書をご覧ください。
電話リレーサービス通訳オペレーション業務委託募集要項 ダウンロード
(別紙)電話リレーサービス通訳オペレーション業務委託仕様書 ダウンロード
※仕様書 4.2貸与品に一部変更があります(2023年1月24日更新)

<説明会(オンライン)の開催>
開催日:令和5年1月20日(金)
時間:15時30分~17時00分
場所:オンライン(Zoom)
内容:①通訳オペレーション業務委託概要説明
    ②質疑応答
参加方法:下記問い合わせ先に記載のメールアドレスへ「所属」「氏名」を記載の上、件名を「1/20説明会参加希望」としてご連絡ください。折り返し、Zoomのミーティング情報をお送りします。
備考:手話通訳付き。



募集期間

令和5年1月17日(火)~令和5年2月5日(日) 23:59

提出書類

  1. 申込書(様式1)
  2. 申込に係る誓約書(様式2)
  3. 事業者概要書(様式3)
  4. 貸借対照表・損益計算書(団体の場合は正味財産増減計算書)直近2年分
  5. 提案書(書式自由。下記内容を漏れなく含めること)
    ① 通話内容が見聞きできない環境であることがわかる資料(オペレーションを行う部屋の図面及びブースの写真など)
    ② オペレーション業務体制 [技術指導や監督体制(現場指導者や教育担当者を明確にすること)、人員配置等]
    ③ オペレーション実施拠点
    ④ 情報セキュリティ体制(業務実施部屋の入退室管理)
    ⑤ 通訳オペレータ名簿(資格の有無、同等の技量や同等の資格、文字入力数を記載(文字オペレータのみ))、1ヶ月のおおよその勤務時間など
    ⑥ 通訳オペレータの採用時の評価基準
    ~オペレーションの指導管理体制について~
    ⑦ 日々のモニタリング実施体制(誰がどのようにおこなうかを具体的に記載)
    ⑧ 日々のオペレータ技術指導体制(誰がどのようにおこなうか具体的に記載)
    ⑨ 通訳オペレータへの定期的な研修や教育等の実施計画(手法・回数)*各回の研修目的、実施内容、講師担当者を記載のこと
    ⑩ 指導者の定期的な研修の実施計画(手法・回数等)
    ⑪ 通訳オペレータの秘密保持義務を担保するための取り組み
    ⑫ 通訳オペレータの健康管理体制(頸肩腕症候群や心身等の健康管理への取り組み)
    ⑬ 通訳オペレータの報酬
    ⑭ 電話リレーサービスの事業実績(提供年数、提供件数、受託先)
    *⑨,⑩,⑪については前年度の実施報告も含めること
  6. 見積書(様式4)
    ※手話、文字両方とも応募する場合は通訳種別に見積書を作成すること。
    ※時間枠によってブース数が変動する場合は見積書を別々に作成すること(ブース数の変動については別紙「電話リレーサービス通訳オペレーション業務委託仕様書」 3.3 サービス提供時間を確認すること)。

<様式フォーマットダウンロード>
 ・申込書(様式1)       ダウンロード
 ・申込に係る誓約書(様式2)  ダウンロード
 ・事業者概要書(様式3)    ダウンロード
 ・見積書(様式4)       ダウンロード

問い合わせ先

一般財団法人日本財団電話リレーサービス 通訳オペレーションチーム
TEL:03-6275-0910
FAX:03-6275-0913
E-mail:io@nftrs.or.jp

2022年12月1日に利用規約を一部改定します。

主な変更内容

・「第10条 利用料金」6項の修正
払込票決済のうち、「ゆうちょ銀行」でのお支払いができなくなります。
コンビニでお支払いいただくか、その他のお支払方法へご変更をお願いします。
なお、支払方法は毎月10日時点で選択されている支払方法に請求いたします。
9日までにご希望の支払い方法へ変更をお願いいたします。

・「第4条 登録」5項の修正
一度ご登録が抹消となった方については、第14条に規定する禁止事項に違反する場合において、過去の履歴から再登録を認めない場合がございます。あらかじめご了承ください。

その他、以下の項目を修正
・第10条9項、10項、第16条1項③
・第10条12項 (追加)

12月29日(木)から令和5年1月3日(火)まで、カスタマーセンターは休業となります。
メール、FAXでお問い合わせいただいた場合、そのご回答は令和5年1月4日(水)以降になります。
ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、電話リレーサービスは年末年始も24時間ご利用いただけます。

一般財団法人日本財団電話リレーサービス(以下「当財団」)は、2022年8月1日付で、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、プライバシーマーク(Pマーク)の認証を取得いたしました。

プライバシーマーク制度とは、日本産業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を評価して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

当財団はプライバシーマーク認定事業者として、今後も引き続き個人情報保護のための更なる安全対策と情報管理の強化に努めてまいります。

・認定年月日: 2022 年 8 月 1 日
・認証番号 : 第 21004895 号

                  

2022年10月11日に利用規約を一部改定します。

主な変更内容

今まで、電話リレーサービスを通じて189(児童相談所虐待対応ダイヤル)への発信はできませんでしたが、10月11日よりこれが可能となりました。
それに伴い利用規約「第9条 サービスの内容」を改訂します。

今後とも日本財団電話リレーサービスをよろしくお願いいたします。

2022年10月11日より、システムを以下のとおり改修しました。

① 通話終了後に通訳評価ができる。
 評価項目 各5点満点(計15点満点)
 ・通訳のわかりやすさ
 ・オペレータの態度・身だしなみ
 ・総合満足度
② お問い合わせ終了後にサポート評価ができる。
 評価の項目 最初の項目を除き各5点満点(計10点満点)
 ・お問い合わせ内容は解決できたか
 ・説明のわかりやすさ
 ・対応したスタッフの態度・身だしなみ
④ログイン画面にある「電話リレー番号を忘れた方」で利用者名等を入力後、初回ログインがまだの人のみ発行せず、カスタマーセンターへご案内する画面が表示される。
⑤ログイン画面にある「電話リレー番号を忘れた方」や「パスワードを忘れた方」で利用者名等を入力するページに「戻る」ボタンを設置。
⑥利用停止後もログイン出来るようになるが、閲覧/操作できる機能は制限される。以下、閲覧/操作できる項目。
 ・通話明細
 ・お問い合わせ
 ・利用規約
 ・ログアウトのみ可
⑦(iOSのみ)アプリの左上の「閉じる」ボタンを削除。
⑧仮申請済画面に「戻る」ボタンを設け、利用者情報入力画面に戻れるようにする。
⑨仮申請済画面から利用者情報入力画面に戻り、そのまま登録しなかった場合は、次回「新規登録」を押すと「利用規約」の同意画面から始まるようにする。

いつも電話リレーサービスをご利用いただきありがとうございます。

お支払方法に「払込票決済」をご選択いただいている方にご案内です。

払込票の発送代行会社が夏季休業期間に入るため、払込票用紙の発送が通常より1週間程度遅れてしまいます。
そのため、払込票用紙がお手元に届いてから支払い期限までの期間がいつもより短くなっております。
お手元に届きましたらご確認の上、8月24日までにお支払いいただきますようお願いいたします。

皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。